About”Outlast”

暑い寒いを、”ちょうどいい”にする素材

Not too hot, Not too cold.

目と目で理解しあうアイコンタクトのように、あなたのボディと対話する
新次元素材「Outlast」あなたのボディとふれあい、賢くサーモコントロール。
素材はもう、ボディコンタクトの領域へと進化しました。

カギを握るのは、
肌そのものの表面温度

肌の表面温度とは、外気温や体内温度に関係なく、衣服と肌の間の空気層によって作り出される体感温度のこと。人間がいちばん快適だと感じるとき、肌の表面温度は31℃〜33℃に保たれていると言われています。

人が「快適」を感じる条件とは?

暑かったり寒かったりなどの温冷感や、蒸したりサラッとしたりなどの湿潤感は、衣服内環境に左右されると言われています。一般的に考えられる快適さのポイントとは、衣服内が「温度:32±1℃」「湿度:50±10%RH」「気流:25±10cm/sec」という条件で満たされたときと言われています。

  • Temperature
    32±1℃
  • Humidity50±10%RH
  • Air Flow25±10Cm/Sec

すぎず、すぎない、
理想の心地よさ。

アウトラストは、真夏の炎天下でも真冬の厳しい寒さの中でも、肌の表面温度を常に31°C〜33°Cへとコントロールしようとします。外気温でも体内温度でもなく、人間の肌そのものの表面温度に直接働きかけ、暑すぎず、寒すぎない理想の快適環境を作りだそうとします。